神社の参拝

by owner .

寺と神社神社の参拝での身の清め方。現代では川などに入り、禊をしてから
参拝ということも雛しくなってきたので、神社の参道には、必ず手水舎が置かれ、いつ清浄な水が湧き出して水盤にたたえられている。ここを水飲み場だと勘違いしている人もいるかもしれないが、実はここは身を清め心を洗ってから、参拝するための場所なのである。口をすすぎ、
予を洗うことで心身を清めるわけだ。
水で身を清めることを手水を取るというが、その手水を取る作法を紹介しよう。
1 まず、右手で柄杓を取り、清水を汲み、左手に水をかけて清める。
2 次に柄杓を左手に持ちかえ、同じようにして右手を清める。
3 再び柄杓を右手で持ち、左の手のひらに水を受け、その水で川をすすぐ。
4 最後に柄杓を立て、柄杓の柄に残った水を流して清めてから、柄杓置きに伏せて置く。

次に参道を通って神前に向かうが、参道の中央は神様のお通りになる道であるから、それを避けて歩くことが礼儀となっている。もっとも神前で拝礼するときには正面に立ってもさしつかえない。