さまざまな条件に対応すべきユニフォーム

by owner .

uniform (28)既成のサイズでは対応できない体型の社員がいる場合も少なくありませんし、身体障稗者の社員用に、障害の程度やタイプに合わせたザインアレッシが必要になることもあります。
こういう場合、例外としてユニフォームを着用しないことを認めると、本人のモラルダウンやストレスの原因になりかねないうえ、職場の統一を図るという目的の達成も中途半端なものになってしまいます。
導入する予定のユニフォームで、素材、サイズ、デザインアレンジなどに関するパーソナルな個別対応はどこまで可能か。大規模導入の際にはぜひ考えておきたいポイントです。
安全なユニフォームで着用者の安全を守る。
着用者の身をケガや外的な刺激から守る。「安全性」は、衣服に求められる基本的な機能の一つです。ユニフォームの場合、職務によっては生死に関わる危険と隣り合わせになることもあるため、求められる安全性のレベルも高まります。
職業の専門化と高度化が進むなか、画一的な機能やデザインのユニフォームでは、十分な安全性を確保できないこともあります。その場合、職場環境に応じてきめ細かい調整が必要になります。働く環境の気温や湿度、気候などの環境、電磁波や病原菌など特有の危険囚子、作業のプロセスのシミュレーションなど、さまざまな視点からのチェックが欠かせません。
地味な作業ではありますが、このプロセスは、ただ着用者のメリットになるばか
りではありません。作業プロセスを安全性の観点から見此すことで、生産性そのものを上げることにもつながり、業務の中で何か危険か、何が事故の原因になり得るかを、改めてスタッフに意識させる機会にもなります。