白菜

by owner .

30白菜の旬は11月から2月ころです。特に霜の降りる頃の白菜は実がキュッと結球し、繊維も柔らかくなり甘みを蓄えたおいしい白菜になります。

95%が水分の白菜は、栄養価はあまり高いとは言えません。しかしその分エネルギー量が100gあたり14kcalと低カロリーな為、ダイエットにはもってこいの食材です。食物繊維も少なめですが、煮込む事でかさが減りたくさん食べる事ができます。消化に良く、便秘を解消することで大腸がんの予防にもつながります。カリウムは体内のナトリウムを排出することで、高血圧の予防に良いです。カルシウムは骨の形成に必要で、水に溶けやすいので汁やスープごと飲むと良いでしょう。ビタミンCは美肌効果に期待ができ、ビタミンKには骨を丈夫にする事家血液の凝固作用があります。

漬け物や鍋料理、炒め物に使われる白菜ですが、料理の際には葉の部分と茎の部分の厚みに差がある為、厚みのある茎の部分から火を通したり茹でると良いです。

白菜を丸ごと保存する時は乾いた新聞紙で包み冷暗所で保存します。夏場のカットしたものであれば、カット部分の変色を防ぐためにしっかりとラップで包み野菜室で保存します。立てて置くことで白菜の呼吸量が減り、日持ちが良くなります。
白菜の白い茎の部分に黒い斑点かできやすいです。これは窒素肥料が多いもの、または低温で長期貯蔵などによって付くもので、食べても何の問題もありません。