太陽光発電はエコ意識につながる

by owner .

09私の勤めている会社では、工場に太陽光発電を取り入れています。現在、日本は、石油や石炭などのエネルギー資源のほとんどを諸外国からの輸入に頼っていまして、化石燃料とよばれるものは使い続けるといずれなくなってしまいます。そこで我社でも太陽の光という無限であり、かつ安全なエネルギーを活用するうえで、太陽光発電を導入しました。年々深刻化するするエネルギー資源問題の有力な解決策の一つだと思います。また環境に良いクリーンエネルギーであるという事も大きな特長です。石油削減効果や二酸化炭素の排出も抑えることができるので環境保護にもつながり、とても素晴らしいことです。環境保護にも取り組む上で、太陽光発電の設置は誇らしく思います。

太陽光発電のメリットはたくさんあります。まず、エネルギー源の太陽の光は、無尽蔵にあるということです。そして、発電するときに廃棄物や騒音などが発生しない、きわめて環境に優しい発電です。また、比較的長寿命で、特別なメンテナンスは不要です。なんといっても、最大の特徴は光が当たる所ならどこでも発電可能がすごいところです。ただし、雨の日は発電できません。
我社が設置されたのは、系統連系型太陽光発電システムを導入しています。太陽光発電によって、直流の電力をパワーコンディショナという装置で交流電力に変換し、発電した電力を電力会社につないだシステムを系統連系型太陽光発電システムを取り入れています。このシステムでは発電した電力を電力会社に売電を行うシステムです。
太陽光発電を取り入れたことによって、資源の大切さを痛感させらました。電気の無駄使いや不必要に使ってはいけないということも再認識させれました。これからも、エコの意識を高く持っていきたいと思います。