コーヒーを淹れる際の姿勢

by owner .

コーヒー美味しいコーヒーを淹れるにコーヒーにお湯を注ぐときは腕だけでなく、体全体で円運動をする容量で行いましょう。うでだけだとポットをコントロールししづらくお湯を補足一定に注ぐことが困難です。あわせてあまり前かがみにならないように注意しましょう。自分の身長に合わない高さの調理台やテーブルなどで淹れるのも避けたいものです。肘に対してポットが高すぎたりひくすぎたりすると、力の入り具合が不安定でお湯が注ぎづらくなります。ドリップ方式でコーヒーをいれるばあいはポットから注ぐお湯の太さや高さもポイントになります。
ゆ柱の太さは1〜2人前の場合、直径2〜3mm程度を目安にしてください。4〜5人前なら5〜7mm程度です。ネルドリップやカリタ式の場合はコーヒーのエキス分は三回までのお湯でほとんど抽出されてしまいますので三回目以降の注油では味のバランスやコーヒーのほうどを整える意味で太くするとよいでしょう。