ヨーロッパと日本のバルは少し違う

by owner .

ber28バルは日本では居酒屋というイメージですが、実際は少し違います。日本の居酒屋は凝った手の込んだ料理を提供する店が多いですが、イタリアやスペインのバルで提供される料理はそんなに手の込んだ料理はなく、生ハムやマリネなどのサッと食べられるようなものが多いです。また立ち飲みの店も多く、少し食べて、サッと飲んで帰るという店が多いです。提供されるワインもそんなにこだわりがあるものではなく、日本でビールを飲むのと同じ様な感覚です。また日本ではお酒を飲むのは夜だけですが、ヨーロッパでは昼間からお酒を飲む文化があります。食事の後にバルにやってきて、ワイン一杯と少しつまみを食べるという人が結構たくさんいます。
 最近は日本でもこうしたバルが増えてきていますが、本場のバルとは少し違います。

日本のバルで提供される料理は手が込んでいるものが多く、洋風居酒屋という感じの店がほとんどで、ゆっくり座って飲むというスタイルの店が多いのが特徴です。提供されるワインの種類も豊富で、1本数万円する高級ワインがある店もあります。また日本のバルは全体的に価格が高く設定されている感じがあります。日本の居酒屋と違う雰囲気を味わいたいというときには良いかもしれません。