バルは気楽

by owner .

bar_28バルというのは、気楽に飲める場所という感じが、ヨーロッパでは強いと思います。
日本で言う所の立ち飲み居酒屋のような感じですが、違う所は、朝から晩までヨーロッパ、特にスペインやイタリアのバルは営業しているということでしょう。

朝はコーヒーやトスターダ(トースト)の朝食セット的な物を食べることができますし、昼は昼で、メヌ(メニュー)と言って、定食風の料理を食べることができ、夜はそれこそバル、つまり飲み屋として機能するバルがたくさんあります。

このバル、私はスペインで初めて体験しました。
こんなに気楽に入れる飲み屋が日本にもあれば、毎日のように通ってしまうなと思います。

しかも、1つの通りに何軒ものバルがあるのですから、スペインやイタリアの人達がバルにたむろしてしまうのは当たり前のことなのだなと思ってしまいます。
私もよくスペインのバルに行っては、留学中、自分では特に肉料理は、1回に買う量が多くなるので、ほとんど作りませんでした。
なので、バルに行って、普段は食べない肉料理を、しかもおいしいので、何皿か頼んで食べていたのを覚えています。
人が作った物、そして異国の味というのは、より美味しさを誘ってくれました。