作詞作曲して自分の曲を音響機器を使ってスタジオ録音

by owner .

sound28音楽をあまり聞いてこなかった人生です。楽器とほとんど接してこなかった人生です。それが、最近、たまたま音楽業界で働く友人が出来たので音楽スタジオに興味が沸いてきたのです。楽器は弾けないのですが、自分で作詞作曲をして自作の曲を自分で歌ってスタジオで録音したくなったのです。友人のツテを使って本格的なレコーディング施設で録音です。部屋に入ると、ありとあらゆる音響機器が目に入ります。

複雑に様々なスイッチが入り乱れていて、まるで宇宙船のコックピットを連想するような感じです。早速、レコーディングをしたのですが、自分の声にびっくりです。これまではカラオケでしか自分の声を聞いた経験がないのが、立派な音響機器を使うと、凄くクリアに聞こえてきます。自分の声でないみたいです。周りにはこのように聞こえてるのだなと知ります。曲と自分の歌声とのバランスにおいては、私自身も感覚として、音の高低を調整したい部分があったので、音響機器の使い方を少し教えてもらって、自分の感覚で音の調整に挑戦です。ちょっとした機能を使うだけで曲調が全く変わるのでとても面白いです。結局、仕上げとしては歌詞の内容としては悲しいバラードの曲を少し明るくした曲調に仕上げて頂きます。とても満足です