四季の移り変わりにあわせた江戸のエコな趣味

by owner .

エコ今でも犬や猫はペットの定番ですが、エコで質素な江戸時代の生活でもいつも人間の傍らにいたのは犬や猫でした。それに加えて様々な虫や小鳥、金魚などが飼育され飼い主の心を和ませました。まさにエコな生活です。虫とは鈴虫、コオロギ、マツムシ、クツワムシなど秋に綺麗な声でなくものでなき終わったらのに話されるのが習慣だった。夏の夜には蛍狩りに行って持って帰り、夜の明かりにする人もいました。

小鳥もうぐいすや駒鳥など美しい鳴き声の持ち主が好まれました。そして金魚はなゆに涼し気な姿を見せてくれるので人気となりました。いずれもなかなか風流でエコな趣味です。金魚も虫も行商人や屋台から手軽に購入することができました。以上のように江戸の人々の趣向を並べてみると四季を感じさせるものが多く、四季の変化は単調な生活にメリハリを付けてくれるだけでなくどれもが自然と調和するエコなものであったといえるでしょう。夏は団扇、冬は焼き芋など季節ごとに売るものを帰る行商人もいました。