労災保険の特徴と目的について

by owner .

rousai28仕事中や通勤中にケガをしたり病気にかかったことがある方は労災という言葉を知っていると思います。労災保険は基本的に1人でも労働者を使用する事業では加入が義務付けられている特徴があり、保険の適用を受ける人は多いと言えます。労災とは、労働者災害補償保険法に基づく制度で、業務中や通勤の際のケガや病気に対して行うもので、休業中の賃金補償も行われています。

労災の目的は、業務中に災害にあった労働者を守ることで、本来は雇用している事業主が負うべき責任でしたが、産業の高度化などにより労働者が職場で災害に合うリスクが高まる事で、事業主だけでは補償しきれないケースも出てくる事から社会保険制度としての労災が生まれました。労働者を保護する立場からできた社会保険制度なので、労災と雇用保険を併せて労働保険と呼びます。労災の手続きですが、基本的には、労災保険の手続きは、病院で診断証明書を受け取り労働基準監督署」というところに提出する必要があります。書類や請求書も用意しなければなりませんが、個人で手続きするととても大変なので、勤め先の会社や事業所がすべて手続きをしてくれます。労災において疑問点などは会社や事業所に問い合わせることが良いです。労災保険の手続きは、事故の内容やケガや病気、死亡どの結果になったのかによって、方法が異なるでといえます。どのくらいお金がもらえるのかなど、気になっている人も多いですが、基本的に、ケガや病気の場合は、医療費のおよそ80%から100%もらえます。労災保険について理解しておくことが肝要です。