太陽光発電を導入する前に考えたいデメリットとは?

by owner .

solarenergy28近年の環境に対する考え方や自然災害についての被害を見て、自宅に太陽光発電を導入する人が増えています。確かにメリットが多いのが太陽光発電ですが、その前にはやはり考えておきたいデメリットがあります。では、実際にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

今日はそのいくつかのデメリットについて記したいと思います。
まず、最初のデメリットは何でしょうか。それは発電量が安定しないというデメリットです。太陽光発電を導入する際には恐らくシュミレーションというものを行うはずです。それによって大体何年で設置した金額をペイできるのかを考えます。しかし、実際には太陽光発電というのは自然の影響を受けるものです。例えば、日射量や日陰があるとそれだけで発電量に影響を与えます。それで、実際の発電量とシュミレーションの数値が一致しないというデメリットがあります。
次のデメリットは何でしょうか。それはパワーコンディショナなどの機器を交換する必要があるということです。基本的に太陽光発電の設備はメンテナンスが必要がありませんが、こうした機器は耐用年数があり、その時期になると交換する必要があります。それで、一定のメンテナンス料がかかると見越して、設置をする必要があります。