生物進化の鍵はコラーゲンにある

by owner .

美肌コラーゲンは実はとてもすごいものです。
コラーゲンによって生物進化は始まったといわれていて、コラーゲンが地球で初めて誕生したのは現生代後期の約6億年から8億年前と考えられています。コラーゲンの産生にはたくさんの量の酸素の供給が必要ですが、全球凍結以前は地球においてはコラーゲンを作り出せるだけの高濃度の酸素がなかったといわれています。
その為に生物の進化は単細胞生物だけだったそうです。しかし、全球凍結状態が終わりが来て、急激な気温の変化などが起こり大量の酸素が地球の中に蓄積しました。この影響により、コラーゲンを単細胞生物が作り出すことができるようになり、細胞同士の接着に利用され、単細胞生物の多細胞化が促進されました。
今見られる動物や植物などの多細胞生物は全てこのコラーゲンの生産に成功した種の子孫であると考えられています。コラーゲンはそういったことから、生物の成長のとても重要な鍵になるものだといわれています。