モーターの基本的なパーツであるモーターコイルとは

by owner .

私達の身の回りにはたくさんのモーターが使用されているんですが、あんまりその存在に気づいている人は多くないのかもしれません。テレビや冷蔵庫に洗濯機などの家電をはじめ、最近だとハイブリッド車や電気自動車などにはモーターが入っており、無くてはならない存在であることは間違いありません。モーターが動く仕組みはモーターコイルが役割を担っているのですが、単純に言うと磁石と電線をグルグルに巻いたコイルの2つが作用して、モーターが回転するということになります。

もちろんそれを動かすための動力となる電源が必要になってきますが、逆にモーターを回転させてやれば電気が生まれるということになります。自転車についているダイナモなどはわかりやすい例で、人間がペダルを漕いでタイヤを回しモーターであるダイナモも回って電気がつくとなります。
たぶん小さい頃に理科の実験とかで自作モーターを作ったことがあるかと思いますが、手作りのモーターコイルでもきちんとエナメル線の巻数が合っていてば、市販の乾電池でも上手く動いてくれます。
モーターの無い日常生活というのはもう考えられないものですので、ちょっとたまにはモーターのことを考えてみてはどうでしょうか。