障害年金受給までの敬意

by owner .

産れつき障害を持っているのですが、20歳を迎える際に障碍者基礎年金(障害年金)の受給手続きを区役所で何処で診断書を作ってもらえばよいかや、色々質問しながら身体障害者手帳と診断書を提出してみると、私の障害等級が軽すぎて身体障害者手帳のみでは、障害年金2級も貰えないと区役所側から言われ、産れつきの障害で何故受け取る事が出来ないのか!と区役所側に講義した経験があります。

当時私は、訓練校等を受験する際に療育手帳が必要な事があり、障害的には余り必要無かったのですが、受験に必要だったので療育手帳も持っており、身体障害者手帳と療育手帳を持っている事を伝えると、2種類合わせれば、2級年金が下りるかも知れませんと言われたので再度判定してもらい、無事に、障害年金2級が貰えるようになりました。その後作業所等で仕事をしていたのですが、当時の仕事が忙しく、腰痛を持つようになり、数年後には椎間板ヘルニアと坐骨神経痛を発症してしまい一時期、仕事が出来なくなって静養しながら、生活していました。その際に障害年金の審査等があったので病院に診断書を書いてもらう際に坐骨神経痛で階段等段差が手摺無しでは少し難しいと書いてくれていたので、障害名の中に椎間板ヘルニアが加わり、今は障害年金等級が1級年金に上がっています。