独立する際には建設業許可申請を一番に行いましょう

by owner .

独立して自分で建設業を起こすならば、いの一番に建設業許可申請を行うことをおすすめします。
なぜならば、建設業許可申請が認められるまでにはかなりの期間を要するからです。
都道府県からの許可が出るのは申請から約1か月とちょっとかかります。

国土交通大臣許可の場合、更に長期化して3か月程度の期間を要することもあります。
また、建設業許可申請の手続きは非常に複雑で用意しなければならないものも多くなっています。
書類を作るだけでもかなりの時間がかかるのです。
独立する際には建設業許可申請の書類作成から取り組みましょう。
独立直後は色々こなさなばならない仕事が立て込み、ただでさえ忙しい状況に陥りがちです。
面倒な書類作成を後回しにしてしまうといつまでたっても申請書が完成しません。
会社ができているにもかかわらず建設業務許可申請の許可が下りていないと、今度は業務面に支障をきたします。
法律により、建設業務許可申請がない業者は軽微な仕事しか行うことができません。
つまり、大きな金額が動くプロジェクトなどに参加できず思うように売り上げが伸びないという事態も想定されます。
後々に回してしまうと厄介なことになりかねません。
建設業務許可申請には早めに取り掛かりましょう。