キャディはゴルフプレイヤーには必要不可欠

by owner .

ゴルフをする方はキャディの存在は如何に大切な存在なのか分かるかと思います。プロゴルフのテレビ中継や実際に自分自身でゴルフ場に訪れた時にその有難みが分かります。特にプロゴルファーになるとこの存在は強くなります。中には専属で抱え込むプロゴルファーも珍しくありません。そもそもキャディーの仕事の役割というのはどういうものなのかですが、多くの方が選手の代わりに重いキャディーバッグを持ってゴルフ場を歩き回る人だと思っています。

実際はそれだけが仕事ではありません。他にも事前にコースの状態を確認しておいたり、ゴルフのプレー中にあとどれくらい距離が残っているのか教えたりグリーン上でラインを助言したりもします。以上のようにキャディはゴルフをプレイする者には必要不可欠な存在となります。トップのプロゴルファーではキャディと年間単位で契約をして、常に一緒に行動を共にします。当然キャディと年間で契約をするには多額のお金がかかります。ですから、プロゴルファーの中でもまだ稼ぎの少ない若手のうちは専属のキャディを抱えることは難しいです。なお趣味でゴルフをする方は、キャディとの相性を重要視したいです。これは実体験で感じました。いつも通っているゴルフ場で毎回同じキャディに依頼するのですが、たまたまそのキャディが予定が合わずに別のキャディを依頼したらその方と相性が合わずにストレスを感じました。キャディとの相性が良くなければ快適にゴルフをプレイすることはできません。