町中で防犯カメラが増えるメリットでデメリットについて

by owner .

昨今、防犯カメラが都心部のおちこちに設置されており、様々な意見が飛び交っています。
まずメリットでいえば犯罪率の低下に繋がる点だと思います。
常に監視されている状態なので、心理的に犯罪も犯しにくくなる傾向にあるし、もし何かあってもカメラの映像を手がかりに捜査ができます。
ですので未然に犯罪を防ぐだけでなく、犯罪が起こったとしても早期逮捕に繋がるというわけです。

そしてデメリットについてですが、やはりプライバシーの問題が一番多く聞かれます。
何もやましいことがないといっても、常に防犯カメラで行動を監視されている状態は気持ちがいいとは言えません。
そして最近はサイバー犯罪という言葉がありますが、防犯カメラがターゲットにされる危険性があります。
ですので、防犯カメラが何ものかによって勝手に使われる恐れが充分にあるということです。
安全のために設置されたカメラが逆に身の危険に繋がるデメリットがあるのです。

このように、防犯カメラの過剰な設置はメリットと同時に大きなデメリットも含んでいるということを念頭においておく必要があります。
AIやネットワークに発達によって、それぞれのメリットとデメリットも大きくなっていくでしょう。