発泡スチロールのゴミ出しに関する考察

by owner .

発泡スチロールを主婦の人たちは毎日見るのではないでしょうか。食品の、特に魚とか肉といった生の食品に対しては、ほとんどのものがこの発泡スチロールが使われています。軽くて扱いやすくて、とっても便利なのですが、処分をするときには、むやみに捨てても良いというわけではありません。もちろん多くの自治体では燃えるゴミとして処分をすることができるようになっていますが、発泡スチロールを分別することで、再利用つまりリサイクルに貢献することができます。

地球資源の問題が大きくなっている中で、発泡スチロールは比較的大きくて、ゴミ出しをするときにもスペースを取ることが多いです。燃えるゴミとして頻繁に出すことが間違いではありませんが、自治体では資源ごみとして定めているところも増えてきています。また街中にはリサイクルボックスが設置されているところもあり、そうしたところに出すことでエコに貢献することもできます。発泡スチロールはとてもかさばるので、ビニール袋に入れずらいなど、扱いにくさを感じることがありますが、カッターやハサミなどを使って細かく切ることで、コンパクトにまとめることができればゴミは出しやすいです。これからも発泡スチロールはいろいろな場面で利用されていきますので、リサイクル面での意識を高めていきたいところです。