障害年金など保険はとても老後も大事

by owner .

障害年金は大事で、基本的事ですが、公的年金制度は自分の老後生活費のためのものと思ってる方が多いですが、実際それだけではないです。自分が万一死亡したとき残された遺族のため生活保障自分自身病気、けがで障害おったり働けないときの生活保障。こうして公的年金は自分の老後のため以外に未成年など子供を残し自分がなくなった時の家族生活守ったり、自分がもしも病気などで働けなくなって収入源となったときの保障など含めた3つのセーフティネットとして役目があるのを知っておきましょう。

そして、公的年金制度は2種類ありますが、国民念員は日本国内に住む20歳以上60歳未満の方、厚生年金は厚生年金保険適用受ける会社勤務する方です。公的年金制度加入してる本人を被保険者と呼び、これは3つの分類があります。そして、公的年金保険料は国民年金は納付用紙、銀行口座からの引き落としで払われて、厚生年金保険料は給与天引きで支払われます。これを自分の老後のため積み立てられてるとおもってるかたが多いでしょうが。それは間違ってます。日本の公的年金制度は現役世代の方たち納めてる保険料をその時の年金受給者の年金で払っているといった仕組みであり、現役世代の方が高齢者の生活支えています。障害年金のことをよく知りましょう。