自動車のガラス修理は飛び石程度であれば修繕可能

by owner .

自動車のガラスですが、飛び石などで傷が入ったというものであれば、実は自分で直すことは可能です。やり方としてはガラス修理にレジンを使用して飛び石が当たり、削れたガラス部分にレジンで穴を埋めてしまうというやり方で傷を修繕します。このやり方は市販されている修繕キッドを使用して修繕するのですが、マニュキアの様にレジンを塗る物が簡単に修繕することが出来ます。ものすごく単純な考え方で傷が入っているガラス部分にマニュキアのハケみたいなもので透明なレジンを塗ることで、太陽の光でレジンが塊修繕することが出来るという感じです。注意点を上げるとすれば、レジンは太陽光によって化学反応するので太陽が出ていないと全く乾燥せず、流れ落ちてしまうことと、固まってからはある程度削る必要があることです。

これらガラス修理は、女性の方でも修繕することは可能で、マニュキアみたいなハケでレジンをガラスの修繕したい部分に塗ること、塗って乾燥してからは余分なレジンを削る必要があるので、余分なレジンをカミソリで削ることが出来れば女性の方でも修理可能で特別力を必要とすることは無いです。ただ、あくまでも飛び石でちょっと穴が空いちゃったみたいな物しか、修繕キッドでは修繕できないので、大きくひび割れたとか粉々になったガラスと言うのは修繕できないので注意しましょう。