投資初心者の資産運用に適したロボアドバイザー

by owner .

近年は公的年金の維持に不安が出ているため、自身で資産運用をする人が増加しています。ただ、投資初心者が資産運用をするといっても、何をしたら良いのか分からないものです。そんな投資初心者に適しているのが、「ロボアドバイザー」による資産運用です。

ロボアドバイザーはAI(人工知能)が利用者に代わり、金融商品の購入から運用、商品構成の修正、納税まで行うため、利用者は何もしなくて済みます。

●ポートフォリオの構成
投資とはいっても、利用者によってニーズが違えば、要望も異なります。そこで重要になるのが、ポートフォリオの構築です。ポートフォリオとは、利用者の資産を利用者の投資適性に即して、様々な金融商品に配分することです。

そのため、ロボアドバイザーは申込を受けた時点で、利用者に対していくつかの質問を出します。利用者からの回答内容に合わせて、ポートフォリオを構築します。

●リスク許容度
ポートフォリオの中で特に重要になるのが、利用者のリスク許容度です。ロボアドバイザーも投資であるため、リスクが付いて回ります。そこで、利用者がリスクに対してどのように考えているのかを判定し、そのリスク許容度のレベル(5段階)に応じた商品配分がなされます。

従って、同じ資産運用の金額であっても、利用者によってリスク許容度が変わると、ポートフォリオも異なった商品配分になります。