木くずの処分とリサイクルの試み

by owner .

今の時代はできるだけリサイクルし、限りある資源を有効活用することに重きが置かれています。木くずに関しても同様であり、木くずを燃やしてしまえばそれで終わりですが、再利用することで、それを有効活用する試みがなされています。特に産業廃棄物として扱われた木くずの処分は、その処理方法としてチップ化したり、直接埋立や単純焼却、燃料化、またエネルギー回収も含む焼却、堆肥化など実に様々です。リサイクル法が制定されたことで、建設現場などで大量に出る木くずは、再利用されて木材チップなどに再び利用されるようになっています。

そのような試みが続いていますが、木くずの処分に関してはまだまだ課題もあり、試行錯誤しながら進められている部分があります。このようなリサイクルに力を入れると、資源の効率化は進むものの、再処理に時間がかかる、多くの人手と機械が必要になるといった点で、採算に合うのかどうかといったこともあります。建設現場などではリースなどにより、大型の粉砕機で砕いて処理するという方法を導入しているところもあります。木くずの処分に関しては、産業廃棄物は、こうした取り組みが進み、一般的な家庭から出るものに関しては、燃えるゴミとして処分されることがほとんどです。