意外と不思議な建材コンクリート

by owner .

近々、庭の土間工事をする為にコンクリートの打設をDIYでするつもりです。僅か1?ほどの体積ぶんを手捏ねで設置する予定ですが、砂20キロが4袋と砂利も20キロ4袋が必要で、打設するのにどれほどの時間と、労力がかかるのかはなかなか想像し難いです。しかし、角スコップや左官コテなどの道具はあるのですが、コンクリートを捏ねる際に使うトロ舟だけは、あまり買う気になれません。トロ舟はけっこうな大きさがありますし、買っても他に使いみちがないから、家にあっても邪魔なだけですので、どこかで借りるか、トロ舟の代用になるものは無いものかと日々考えております。
また、生コンクリートを捏ねるのには、結構な労力が必要ですね。

とにかく捏ねるの繰り返しで、普段スコップなどを使わない人は、すぐに筋肉痛になることでしょう。イロイロな用途に使えるので、扱いには慣れてはいるのですが、まとまった量を作らなければならないときは、気が滅入ってしまいます。なんとか楽にコンクリートを作る方法はないものでしょうか?
しかし、コンクリートは不思議なものですね。砂と砂利と生コンクリートを混ぜるて適度な水を配合して一日程度でカチコチに固まってくれますし、再び水をかけても砂にはならず、長い年月その形を保ってくれます。捏ねる作業さえもう少し楽ならば、素晴らしい建材だと思います。